グドゥチー、不安だけど育ててみる

石垣島でたくさんのアーユルヴェーダハーブを、育ててお茶などの商品を販売している、

「もだま工房」さん。

私も2年前にイナムラ先生と共に見学させていただいた事があります。

とにかくアーユルヴェーダハーブがたくさんで、(当たり前😅)終始幸せでした。

もだまさんの薬草を、サトヴィックの佐藤先生が仲介してくれて、

グドゥチと、アシュワガンダを薬草講座参加者にお裾分けしてもらいました。

アシュワガンダは以前もモダマ工房さんに頂いた事があるのですが、

グドゥチははじめて。

グドゥチは水をあげすぎると腐りやすいそうで、根が出るまでは土につけない方が良いとのこと。

こんな感じで育てて下さい。

ともだまさんから写真付きで教わった方法が、

こちら。

土につけないので、ちょっと浮かしてます。

い、いいのだろうか、、、、

こんな風にもしてみて下さい。といわれたのが、

こちら、、、、

土からだいぶ離れてますが、、、

良いそうです。

寺田町ブリッジと名付けました🤗

かなり、不安ですが、このまましばらく育ててみようと思います🌱

グドゥチは、サンスクリット語で

「アムリタ」と呼ばれるくらい、薬効に優れていて、ラサーヤナ(若返り)や免疫力をあげる効果があると言われています。

たくさんのお薬に使われています。

グドゥチが大阪で育てられるなんて、幸せです。

今度、オンライン講座でインドのドクターにも見てもらおうと思います!

何ていうかな〜😆

関連記事

  1. ターメリックうがい

  2. AYUSH省発表のコロナウイルス危機時のセルフケア

  3. アーユルヴェーダの勉強

  4. AM様に実際に行った施術方法です

  5. 野草的ヨモギ

  6. アーユルヴェーダの目薬

PAGE TOP