シュルティは個人サロンです。
それゆえにオーナーのこだわり100%でお客様にとって良いものはどんどん取り入れたい!と時に儲け度外視でサービスを提供しています。



まずは施術とサービスです。


マッサージ大好き施術大好きのオーナーセラピストです。施術歴は15年です。いつまでも日々勉強し謙虚に技術向上に励みます。
今までの経験と学んできたことを元にお客様ひとりひとりにあわせたオーダーメイドの施術を行います。

施術後には実際にお身体を触らせていただきお話をお伺いした結果、感じたことをご報告させていただく「アフターカウンセリング」もしっかりとさせていただきます。この時に、お食事や日々の過ごし方、身体の使い方などアドバイスさせていただきます。


薬草オイル


シュルティのアビヤンガ(オイルマッサージ)やヘッドマッサージで使用する
薬草オイルはインドのホスピタルで実際に患者さんに使用している薬草オイルです。インドの薬草オイルを日本で購入するとなるとなかなか高価なので、アーユルヴェーダサロンによってはごま油などで薄めて(ごま油で希釈して)使用するところもあるのですが、シュルティは贅沢にも薬草オイルのみ100%で使用します。
貴重なオイルをたっぷり使ったシュルティオリジナルマッサージを是非体感してみてください。

摘み菜と畑


摘み菜とは身近な草、木、海藻などの植物のことです。必要なものを必要な分だけ自然の恵みを頂戴します。
シュルティで使うハーブボールやハーブサウナで使うハーブの一部は、オーナー自らが和歌山や奈良の里山や畑から無農薬の摘み菜を摘んでいます。



プージャ


サロンオープンにあたって、オープン前に恩師であるアーユルヴェーダ医師のシュルマ先生とイナムラヒロエ先生にプージャ(祈願)をしていただきました。
本格的なプージャを日本で行うことはかなりまれだと思われます。
サロンの発展繁栄とシュルティに来るお客様全員が幸せで健康になるようにとお祈りしていただきました。
サロンの空間がプージャをしてもらう前としてもらった後では全く違う!と驚くくらい心地よい空間に包まれているシュルティを是非体感してみてください。


本格的なアーユルヴェーダとは


世の中にはいろんなアーユルヴェーダがあります。
シュルティは日本では日本人初のアーユルヴェーダ医師イナムラヒロエ先生から基礎コースを、インドのクジャラートアーユルヴェーダ大学の元学長でもあるH.S.シャルマ博士から薬物学を学びました。
先生たちとは2019年に石垣島にあるアーユルヴェーダハーブ園のもだま工房さんに共に訪れ、薬草見学、講座をしていただきました。
インドでは、2013年にカシミール州のクリニックでホームステイしながら毎日先生と共に患者さんの診察と治療の講義を、ダラムサラでは3週間のパンチャカルマ(浄化療法)という治療を受けました。
2019年にデリーのクリニックでマルマコースをケララ州でセラピストコースと栄養学コース、ヨガコースを学びました。
アーユルヴェーダは人間の短い人生では終えることのない深い学びです。
それでもできる限り一生かけて勉強していきたいと思います。

shrutiのアーユルヴェーダは三大医書の「チャラカサンヒター」「スシュルタサンヒター」「アシュタンガフリダヤー」を元に考えます。

PAGE TOP