妊娠中の食べ物

セラピストのお友達が妊娠しました。

ちょうどshrutiに来てくれてアビヤンガを受けてすぐです。

「だから、絶対、絶対直美さんのおかげです」

と。

はぁ、嬉しい💛

そんな彼女に妊娠中のアーユルヴェーダ的食物をおすすめしたいと思いますので、

ついで(?)にこのブログでもシェアさせてもらいますね!

妊娠中は甘味のものと牛乳がおすすめです。
過度の辛いもの酸っぱいものはダメ。ワインダメ

つわりには、ザクロジュース。レモンとはちみつ。ドライレーズン。


4ヶ月目からの食事は、つわりが落ち着いて食べれたら、ギーは妊娠中取った方が良いとされてます。甘い食事、お粥、など。

ごま、黒砂糖。タンパク質。
豆腐、大豆、くるみ、卵、いわし、さば、葉物野菜、良いです。
5.6.7か月目も同じ。

8ヶ月目牛乳粥にギーを入れて食べる。肉のスープも良い。
9ヶ月目ご飯、ギー、肉のスープ。ほうれん草、フェヌグリーク、からし菜、キャベツ、いんげん、ザクロ、ぶどう、いちじく。

9か月目になると膣にごま油塗る(ヨニピチュ)

甘いもの、ギー、そして牛乳ですね!

マッサージは9か月目にしてようやくOKです。

アーユルヴェーダでは妊娠中の過ごし方も生まれてくる子供のプラクリティ(体質)に影響があると考えられているので、どう過ごすか、何を食べるかなど、とても重要です。

お母さんが健康で幸せな妊娠生活を送る。それが一番大事なのです。

関連記事

  1. オンライン講座準備OK

  2. M様に実際に行った施術方法です

  3. 女性とヨーガ

  4. オンライン講座始まりました

  5. スパイスバナナスムージー

  6. 南インドを懐かしむ

PAGE TOP