ヴァータを感じる

前回のブログの続きです。

人生の中でも、カパ、ピッタ、ヴァータと年代によって増えやすいドーシャが変わるんだよーってお話をしました。

私は生粋のピッタカパで、ヴァータがかなり少ない方だと思っています。

ヴァータ=風のエネルギーが少ない私は、乾燥とは無縁で生きていました😙

そして、去年、はじめて

喉が乾燥して、咳が出る

という、経験をしました。

なるほど!こりゃ、咳出るわ。

その時は2.3日で治りましたが、

普段からよく咳が出やすい方とか、大変だなー。こんな思いをしてるんだなー。ととても勉強になりました。

ちょっと水飲んだくらいじゃ、またすぐ乾いて咳が出るんよ〜。

って、ことですね。

喋るたびに咳が出て、引っかかって涙も出て、辛いとか痛いとかじゃなくて、

「もぅ!!(泣)」

って感情ですね。

自分が経験してはじめてお客様の気持ちが理解できます。

私の中のヴァータが少しずつ増えてきて、これからもっとヴァータさんの気持ちが理解できるようになると思います。

それが、少し嬉しい事です。

だけど、70代、80代も元気でいきいきと仕事をして、畑をして過ごしていきたいなと思っています!!

なので、がっつりヴァータケアしていきますよー!

皆様もご一緒にー🙌🙌🙌

関連記事

  1. 手作りシャンプー

  2. 女性とヨーガ

  3. アーユルヴェーダ的春の過ごし方(後半)

  4. アーユルヴェーダ上級講座、ヒングアシュタカチュールナ

  5. あっ!手を切っちゃった!

  6. アーユルヴェーダ上級講座4回目😍

PAGE TOP